旅と写真とデザインと。
by aghome
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:場所( 8 )
monamoにて
f0105775_114778.jpg

f0105775_141394.jpgf0105775_115889.jpgf0105775_122114.jpg
今日は夜まで仕事して再来週に控えた友人の結婚式2次会会場の下見に行ってきました。
色々迷っていたけど、TANAYANさん経営の『monamo』にお願いしようかと!
まだ本決まりではありませんが、相談させてもらってとっても親切に教えてもらいました。
TANAYANさん、マジで感謝です!!!?
初めて行ったお店はとてもキレイで落ち着く空間で、アジアのホテルリゾートをイメージしてデザインされたとか。
ほんとに心地よい空間です。
結婚式の2次会にはもったいないくらい。
バスタブが妙に気になる感じでした(笑)
料理も超本格派で、パスタも自家製の練り込んだもの。これがしっかり食べごたえのあるウマいパスタなんです!
スタッフの方々もTANAYANさんの人柄の影響(笑)か、みんなおもしろくっていい人ばかり。
これからは個人的に利用させてもらいますよっ!

ちなみに真ん中の写真がTANAYANさん。
長い髪と、あご髭。赤いニット帽がトレードマークです(笑)
[PR]
by aghome | 2006-11-04 01:03 | 場所
松山出張
朝、宇品港で松山行きのフェリーを待つ。
今日は出張同行で松山に行きました。
少し曇った空で湿気を感じる蒸し暑さ。
3人で変わった形のスーパージェットなる船に乗り込む。
車は乗れないスピード重視の船。初めて乗りました。
これがびっくりするくらい早いもの!
あっとゆう間に呉についてしまい、後はまっすぐ四国へ。乗船運賃が高い訳だ。

松山は広島とうって変わってとてもいい天気。
空気も全然違うし、緑がいっぱい。とても晴れ晴れとした気持ちになれました。
いいトコやなぁ。
バスで松山市内までいく道中、日本語、英語、ハングル語、中国語のアナウンスに感心し、
街の観察。広島に比べて建物が低い。
だから空がちゃんと見えるし、地面や建物に日光が当たってる。
明るく綺麗に見えたのはこういう理由なのね。

高島屋の屋上には大きな観覧車があった。
ひとり興奮ぎみの僕。だってこんなの広島にないんじゃもん!
先方ととても勉強になる貴重なお話をし、お昼を食べながらも終始なるほどーと頷いてばかり。
連れてきて頂いて感謝です。

そのまま夕方には広島に帰る予定だったので、道後温泉の文字をチラチラ気にしながら、今度はここに行ってやると一人決心して松山を後にしました。
戻りはバスではなくJR。
あこがれの伊予鉄★やっぱオレンジなのね!
無人駅の田舎な駅もあるのに、最近出来たICカード端末が各駅に設置してあったのがおもしろかった。
やるぜ、DOCOMO
フェリー乗り場行きの線路の海に面した最終駅あたりに、もうやってないと思われる遊園地があった。
ここにも観覧車。あとジェットコースーター。
海のキラキラした輝きと空の青さがとても美しく響き、そしてちょっとモノ悲しく佇んでた。
たくさんの思い出になったんだろうな。

帰りのスーパージェットの揺れが非常に心地よく、ぐっずり眠れました。
遊びに行ったワケじゃないけど、たくさんの風景と出会えました。
写真は…。。。現像次第アップします。
[PR]
by aghome | 2006-06-17 03:00 | 場所
可部線
広島のローカル線に2003年惜しくも廃線になった線路があります。
途中までは現役活動中ですが、JR可部線可部(広島市安佐北区)―三段峡(広島県戸河内町)はもうすっかり朽ちた姿になっています。
学生の頃、この線路の最終駅、三段峡で制作研修旅行がありました。
自然に囲まれた美しい景観と秘境。
この土地を線路を愛した方はたくさんいらっしゃると思います。
先月、ここの廃線にふっらと立ち寄りました。
駅もそのまま残って当時の香りが漂っているようです。
昔は機関車も走っていたそう。地元の交通として栄えた姿はさぞ盛観だったんだろうな。

f0105775_3262828.jpg



f0105775_3291438.jpg



f0105775_3271050.jpg

[PR]
by aghome | 2006-05-15 03:27 | 場所
八重山
に行きたい…。
最近また、この「沖縄がオレを呼んでいる病」が再発ぎみ。
最近海に行ったせいもある。
暑くなってくると八重山の風の香りと色彩が愛おしくてたまらなくなる。


もう結構前だけど、大学2年の時に1週間ほど一人旅をした。
本島の親戚に2泊お世話になり、そこから石垣島で2泊のうち1泊野宿。
フェリーに乗って竹富島のユースに3泊。
泊まった宿の隣に宿泊していた東京の大学生と仲良くなり一緒に泡盛を飲んだ。
石垣島ではボンカレーがメジャーなレトルトカレーで、真っ白い浜でそれを食べた。
居酒屋で見知らぬ夫婦にたくさん泡盛をおごってもらった。
カブをレンタルし島をぐるり一周した。
初めて出会う人達と一緒にゴハンを食べ、泡盛を飲み、海で泳いだ。
島の海岸でおしりの光る幼虫を見つけて新種の発見だっ!!ってマジで思った。
日記を書いたり三線を引いたり、植物の実で作ったアクセサリーを買ったりした。
そこで知り合った人が手紙や写真を送ってくれたりした。
竹富では伝説のおばあに会う事もできた。
飛行機から見えた海はひたすらに青くキラキラ光っていた。

潤いに溢れた時間だった。
どうしようもなく幸せな時間だった。
この病気だけは一生治せそうにない。

f0105775_23222435.jpg

[PR]
by aghome | 2006-05-09 23:22 | 場所
drop around
東京旅行の目的のひとつに、恵比寿にあるお店、drop aroundを訪ねました。
ちょっと前に通販でここの商品を購入して以来、その写真のキレイさとか商品の魅力にすっかり取り憑かれ。
彼らの旅をライフワークとしたスタンスはほんとに羨ましい暮らしです。
それでちゃんとお仕事もされているの事に共感。
そこで念願叶いお店に行く事ができました。
カメラ日和でお二人の名前が一緒になっていたのに気づき訪ねてみると、最近ご結婚されたとか。
遅くなりましたが、おめでとうございます。
これからのご活躍を期待してますね。
また時間できたら遊びに行かせてもらいます。

それにしても、どこを撮っても絵になる風景ばかり。
こんなものに囲まれてモノ作りが出来たら幸せだろうなぁ。

f0105775_225043.jpg



f0105775_23910.jpg



f0105775_233298.jpg

[PR]
by aghome | 2006-05-01 02:03 | 場所
カフェ ド ヨシユキ
広島市内の古びたビルにある創業20年のカフェ。
マスターのこだわりが溢れる空間づくりが居心地いい。
3〜5年熟成させた豆でつくる極上のコーヒーは、少し苦みの強い風格讃える味です。
店内のインテリアには自然物や欧風アンティークが佇み静かな時間が流れます。
白い壁やタイルの床がカフェの雰囲気を盛り上げてくれる。
キッチンの奥に並ぶ大小様々なコーヒーカップは、素人目に見ても高そう(笑)
調べたらロイヤルコペンハーゲンのカップや伊万里焼などがあるそうです。

実はここの奥さん手作りチーズケーキがとても評判なんです。
初めていった時はとりあえずコーヒーを味わいたかったのでケーキはまた今度。

僕がカメラを持っていたのに気付き、マスターが「カメラ何撮ってるの?」って
話かけてくれた。
店内(トイレとか)にはマスターが撮ったと思われる写真が飾られていました。
もうちょっとゆっくりお話したかったけど、常連さんの方が来られたみたいで。

豆がらを使った灰皿は僕も前からやっていました。
(友達がやっていたのを真似した)
今度はチーズケーキと写真の話とコーヒーをゆっくり楽しみたいです。

f0105775_15202543.jpg

[PR]
by aghome | 2006-04-29 15:20 | 場所
東京旅行記 Vol.03
TAKEOの展示会の後に、教えてもらってたnidcafeに行こうと、表参道を彷徨うが、結局見つけられずじまい…。
大都会でぽつんとタバコを吸ってぼけーと佇む。
その後、気を取り直して表参道ヒルズに向かう。
人の大行列にさすがにやられ、波のような人の流れに船酔いする。
それでも負けずとヒルズ内に潜入。
あまりの人で全然建築もショップも楽しめず、当分行く事はないだろうとゲッソリして青山を後にした。それでも写真だけは撮ろうと、有名なショットの階段下から建物のスロープを狙う。
誰もいなかったら壮観だろうなって一人つぶやいた。

その後TOTOのギャラリー間を目指すものの、見事に道に迷い東京の友人に助け舟。
自分のいる場所もよくわかんないのに、友人2人は僕を見つけてくれた。
嬉しくって泣きそうだった。(いや、マジで)
それから六本木の有名なケーキ屋さん(名前を忘れた…)で高いケーキとコーヒーを飲む。
3人でいったい何食ったんだって金額だった(笑)
それからギャラリー間が意外と近くだと知り、一人目指すもののタイムオーバー。
スタッフのおっさんの「もう終わりましたよ」って冷たい一言にハァ!?って思いながら、しょうがなしに六本木をまたしても彷徨う。
ぼーってベンチに座ってると、外人のコドモが自転車で通り抜けてゆく。
外国人が多い土地だなって、改めて国際都市を肌で感じた。

今日の宿は大学の親友のトコにいく予定だったので、その2人の友人と久しぶりの夕食を楽しんだ。
以前は池袋あたりでいつも3人でゴハンを食べていた。
今回は渋谷界隈でオススメの和食料理を。
これがすげーおいしくて、がっついで食べまくった。
酒よりメシって事をしみじみ感じながら、モツ煮込みやからあげや刺身などなど。
それぞれの人生を不安ながらも進んでゆく20代後半入りました組。
語らいながら現実と理想の狭間を行ったり来たりしてた。
やるしかないなって改めて思ったこの時間は、とても貴重だし大切だって思えたよ。

見送られながら地下鉄に乗った時は、またこういう時間を必ず持とうって感じた。
大切な友人。
遠くにいるけど、だからこそお互いをよく知っている。
また今度あの店でゴハンを食べよう。

f0105775_15282.jpg



f0105775_1523040.jpg



f0105775_1524958.jpg



f0105775_153549.jpg



f0105775_1531974.jpg



f0105775_1545840.jpg

[PR]
by aghome | 2006-04-24 01:55 | 場所
東京旅行記 Vol.01
一週間遅れだけど、やっと東京旅行の旅を書けます。
今週は仕事がハードすぎた。。
いっつも空が明るくなる頃に眠って、起きたらすぐにそのまま会社。
そんな毎日。
別に今週に限っての事じゃないけど。
ちょっとずつ仕事がカタチになってゆく感覚は悪くない。
こうやってちゃんと確信して成長していきたいものです。

さて、出発のその日も、朝までお仕事を勤しみ、早朝7時の新幹線に乗り込みました。
のぞみで約4時間。駅につく度に眼を覚まし、まともな睡眠をとれなかったけど、気分はひさしぶりの東京で高揚していました。
広島はあいにくの雨でしたが、東にのぼるにつれ、天気は回復。
東京についた時には快晴になっていました。
その日は東京もひさしぶりの晴れだったと聞きました。運が良かったね。
品川の駅につくと、そのまま渋谷に直行。
そこから地下鉄に乗り換えて目指すは表参道。
東京の駅を見る度に思うのですが、東京の地名は日本語の強い土地だなと感じる。
日本の中心として栄えてきたんだなぁと思うわけです。地方の人間からしたら。

人の多さに早くも酔い気味になりながら、今回の一番の目的、
青山スパイラルで行われていたTAKEO PAPER SHOW 2006に向かう。
すぐ隣のビルにある、TUGBOATの会社にドキドキしながら、一年ぶりの展示会に興奮していました。

f0105775_5524342.jpg



f0105775_5531022.jpg



f0105775_5532948.jpg



f0105775_55345100.jpg

[PR]
by aghome | 2006-04-23 05:54 | 場所


lover
最新のトラックバック
石川県粟津温泉
from 石川県粟津温泉の案内
求人設計事務所
from 求人設計事務所情報
家具職人求人
from 家具職人求人情報
アルバイト高校生可
from アルバイト高校生可紹介
寒中見舞い無料
from 寒中見舞い無料情報
お気に入りブログ
タグ
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧